2019.08.23
一般

東京都中野区南台に「わかやま透析クリニック 中野南台」オープン

3年前の6月に当院で開催した『超音波診断装置を使用したバスキュラーアクセス関連業務講演会』にて講師としてお呼びした東京女子医科大学臨床工学科の若山功治先生と腎臓内科の若山慈恵先生が東京都中野区南台に新規透析施設「わかやま透析クリニック 中野南台」をオープンされます。

 

 

若山先生のシャント血管の穿刺技術は超一流で難易度の高いシャントもエコー下穿刺でほぼ失敗する事無く穿刺可能だと思います。

また、東京女子医科大学腎臓内科と言う日本でもトップクラスの大学病院で研修された若山慈恵先生が院長と言う事で、注目されるクリニックになりそうです。

 

2019.08.09
一般

手根管症候群の疑似体験

透析患者さんの長期合併症として透析アミロイドーシスという病気があります。

β2ミクログロブリンと言う老廃物が身体に蓄積して、骨、腱、人体などにアミロイド繊維が沈着し痛みを引き起こすものです。

代表的な病気として手根管症候群やバネ指があります。

これは、横手根靱帯や腱鞘滑膜へアミロイドが沈着して肥厚した横手根靱帯と増殖した腱鞘滑膜が正中神経を圧迫し、手指の痛みや痺れ、母指球筋の麻痺と萎縮を起こします。

今回、院内勉強会で手根管症候群の疑似体験を経験させて頂きました。

 

こちらは母指球筋が麻痺して親指が曲げられないと言う想定での箸の使い方や財布から小銭を出す疑似体験です。

この様な体験をする事で患者さん達の苦労が解りますね。

 

 

 

 

これは、ピンチ力と言って指で掴む力がどの程度あるのかを測定するピンチメーターという器械です。

 

 

私のピンチ力は12kgくらいでした。

透析患者さんの平均が5kgくらいで、手根管症候群の方だと2kgくらいとなってしまうそうです。

ちょうど午後の時間でしたので、午後透析を受けている方達のピンチ力を測らせて頂きましたが、一番強い方で15kgくらいありビックリしました。

当院は比較的透析歴が浅い方が多いですが、透析歴20年以上の方でもピンチ力が10kgある方もいて比較的良好なようです。

ピンチメーターも1週間ぐらい貸してもらえる事になりましたので、当院患者さん達で測定してみたいと思います。

当院では、透析液清浄化とオンラインHDFを行っていますので、β2ミクログロブリンの値も日本透析医学会のガイドラインに記載されている透析前β2ミクログロブリン値30mg/L未満になっている方が大多数となっておりますが、正常値から比べると10倍くらい高値ですので、十分な透析を今後も提供していきたいと考えております。

 

 

2019.08.08
一般

フィットネスジム稼働開始

 

本日より、援腎会すずきクリニック個室透析センターの待合室に設置したトレーニングマシーンの稼働が開始となりました。

まずは、透析前の時間に行います。

 

本日の参加者は2名の方でした。

スタッフは健康運動実践者の看護師と管理栄養士が対応いたします。

 

先ず血圧と脈拍を測定します。

血圧が許容範囲である事を確認して、患者さん個々の安静時脈拍数からボルグスコア11くらいの目標脈拍数を設定いあしました。

 

 

初日でしたので、私も参加して運動療法開始となりました。

 

 

エルゴメーターもいろいろ加重がかけられます。

自分の目標となる脈拍数を目指しての運動となります。

短い時間でしたが、たくさんの汗をかかせて頂きました。

明日は月水金の患者さんが開始となります。

2019.08.05
一般

医療事務さん・看護助手さん募集中(あさか野泌尿器透析クリニック)

 

あさか野泌尿器透析クリニックでは医療事務さん・看護助手さんを募集しています。

医療事務さんは正職員

看護助手さんは、正職員でもパートさんでもどちらでもOKです。

医療事務さんはレセプト時期に数時間の残業が発生する可能性ありますが、現時点では勤務時間内にレセプトもこなせています。

診療が遅くなることもほぼ有りません。

 

看護助手さんは、透析室業務拡張に伴い新規の採用となります。

まずは、すずきクリニックでの業務を覚えて頂いてからのあさか野泌尿器透析クリニック勤務となります。

現在、すずきクリニックでは4名の看護助手さんが働いてくれていますが、定時に帰れなかったとと言う話は聞いていません。

是非ともご応募をお待ちしております。

2019.07.30
一般

施設見学に行ってきました。

昨日月曜日は以前よりお願いしていた東京都両国にあるつばさクリニックさんと葛飾区のきせん病院さんの施設見学に行ってきました。

 

先週末の土曜日は名古屋市の名古屋国際会議場で開催された第7回日本腎栄養代謝研究会学術集会・総会に参加してきました。

以前より毎年演題を出し続けていた研究会ですが、今年は演題が無く一般演題の座長を依頼されていましたので、きちんと役割を果たしてきました。

この会は、管理栄養士さんが中心の会ですが、毎回演題のレベルが高く、内容も高度でありとても勉強になる会です。

 

 

土曜と日曜日の二日間の予定でしたが、日曜日に透析医会福島支部の総会が郡山市で開催されて、当院が事務局を務めていたこともあり、朝7時の新幹線で戻ってきての参加となりました。

 

移動が多くバテバテの週末でしたが、実は月曜日もハードスケジュールは続いていました。

本来は月曜日から通常診療で勤務なのですが、最近は第5月曜日は非常勤医師が透析診療に来てくれる事となっていましたので、以前より施設見学をお願いしていた2施設に行ってきました。

月曜日も7時台の新幹線に乗って東京までの移動となり、我ながらハードなスケジュールだなと感心してたくらいです。

 

10時すぎにつばさクリニックさんに到着

 

 

両国なだけに横綱横町の脇にありました。

 

透析施設であるつばさクリニックと同じ経営の両国東クリニックさんが同一のビルにありました。

まず最初は、両国東クリニックさんの待合で待っていましたが、とてもモダンな待合室で、田舎者の私としてはさすが東京と感じました。

このビルには、同クリニックの経営するフィットネスクラブもあり、こちらも見学させて頂きました。

 

つばさクリニックと言えば、透析室がフィットネスクラブになりました。で有名なクリニックです。

私も体験させて頂きましたが、かなりハードな運動でした。

 

 

隣の私より年配の透析者の方が楽楽足を上げて運動をしている姿に驚きました。

私は悲鳴を上げながらやっておりました。

 

その後は、同じビルにあるメディカルフィットネス ティーズエナジーさんを見学いたしました。

 

 

広いフロア内に沢山の装置が置いてあり、体験させて頂きました。

 

 

当院事務長が装置を体験していますが、30秒ほどで効果が見られる優れものの装置でした。

 

最後は、院長の大山恵子先生に来年の透析運動療法研究会でのご講演をお願いして午前中の施設見学は終了いたしました。

 

============================================

 

 

お昼は駒形どぜうさんに行ってドジョウ初体験しました。

左は鍋に乗ったドジョウで、ネギを乗せて食べるのですが、ネギ乗せすぎだったかもしれません。

とても美味しく頂きました。

 

午後からは地下鉄を乗り継いで、葛飾区のきせん病院さんの施設見学に行ってきました。

 

 

電車から葛飾柴又駅の標識を撮影したのですが、月曜日はとても暑く、前日までの疲労もあり帰ってくるまで施設を含め写真を撮るのを忘れてしまってごめんなさい。

 

ところで皆さん、CPX(Cardiopulmonary Exercise Training,心肺運動負荷試験)をご存知でしょうか?
CPXは呼気ガス分析を併用して行 う運動負荷試験で運動耐容能を知る事が出来る検査であり、運動を安全に適切な程度に行う事が出来る検査です。

 

きせん病院さんでは、このCPX検査を全てに透析患者さんに行っている運動療法にとても積極的な施設なんです。

病院内では、透析中の運動療法と管理栄養士さんによる厨房の見学と供にリハビリテーションのレクチャーも受けさせて頂き、とても勉強になりました。

レクチャー頂いた垣上様に感謝です。

 

話は変わりますが、病院に到着してすぐに、病院の待合で肉まんの販売をしていることに驚きました。

“きせんの肉まん”と言うのぼりも立っていて何だろうと思いました。

ネットで検索したところ、障がい者の就労支援の一貫として肉まんを製造、販売しているとホームページに書いて有りました。

なかなか出来ない事であり、凄いなあと感じた次第です。

帰りに肉まん購入して食べましたが、肉汁が溢れる美味しい肉まんでした。

 

1日かけて2施設を見学させて頂きましたが、2つの施設供に惜しみなく教えて下さってとても感謝してています。

情報的には、大変高価なものを頂いたのと同じくらいの価値が有ると思いました。

明日からの診療、そして来年の透析運動療法研究会の成功のために役立てたいと思います。

 

プロフィール

援腎会すずきクリニック院長 鈴木一裕

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内の記事を検索

よく読まれている記事

リンク