2018.08.13
一般

医学部入試女子学生減点問題

今回は、ちょっと真面目な話で、医学部入試女子学生減点問題です。
東京医大の入試試験で女子学生を一律減点してたことが発覚した話です。
もちろん、募集要項にきちんとした記載を行わずに女性を一律減点していたことは大きな問題だと思います。
これは、OECD諸国の女性医師の割合です。
女性医師の割合は諸外国に比べて低く、OECD加盟国データからも判るように先進国で最低だとのことです。
欧州を中心に女医率が40ー50%以上の国がたくさんあります。
ただ、欧州では、医師の労働時間にも制限があり医師の過重労働が起きにくい状況です。
こちらは診療科別の男女の割合の女性医師が低い部分の伐採です。
https://www.huffingtonpost.jp/2018/08/10/igakubu-data_a_23499881/
外科医の仕事はハードです。
手術中10時間立ちっぱなしでトイレにも行けないとか、5時間術野を展開する為に同じ姿勢をキープするとか、かなり過酷です。
その上、患者さんの状態が悪化すれば術後もそのまま朝まで帰れず翌日の勤務は通常勤務だったりしています。
それでも、外科系でバリバリ働いている女性医師はたくさんいます。
家庭を持って子育てをしながら頑張っている方達もいらっしゃいますが、どうしても何かを犠牲にしている女性医師も多い印象です。
それならば、日本も欧米の様に医師の過重労働を減らせば良いのではないかと言う話になります。
それでは、医師の過重労働が無い欧米はどのような状況なのでしょうか?
たとえば、よく聞くのはイギリスの話です。
風邪を引いて医療機関を受診するのに、予約で2週間かかると言われています。
早く診てもらいたい場合は、高額な医療費を払う病院で診察を受けるようになるそうです。
手術しても入院は1泊くらいで退院です。
入院医療費が日本に比べ有り得ない程高額だからです。
だから一ベット辺りの医師数は日本で極端に低く、1人の医師がたくさんの患者さんを診なければならない状況にあります。
病院では、医師以外のスタッフは交代制の勤務態勢を取っています。
しかし、医師は24時間オンコールなどを含め、かなりの過重労働です。
それを成り立たせていたのが、悪い事ではありますが今回の入試で発覚した女子学生減点なのかもしれません。
それではどうすればいいのか、どうなるのかですが、
パンドラの箱は空けてしまったので元には戻りません。
入試で女子を差別するべきではありません。
このしわ寄せは皆で応分して負担すべきです。
総合病院を受診する時に初診時選定療養費と言う費用がかかる様になっています。
紹介状無しで総合病院を受診する場合は別途費用がかかると言う制度です。
この様に少しずつ総合病院医師の負担を減らす仕組みが作られてきています。
今後は、救急受診を含めて医師の負担軽減の措置が取られていくのではと思います。
2018.08.12
一般

酪王アイスクリーム

お盆休みになりましたね。

援腎会すずきクリニックは、13日月曜日から15日水曜日まで外来診療はお休みとなります。

透析診療は通常通りに行っています。

私は13日お休みで14日と15日がお仕事です。

と言うことで、12日から13日にかけて援腎会の保養所として契約しているリステル猪苗代に宿泊中です。

援腎会に入職すれば、もれなくリステル猪苗代には1泊1人食事無しですが、ウイングタワーに2000円で宿泊出来ます。

私は何時もリステル猪苗代では、温泉にゆっくり入って、リステル猪苗代内にある居酒屋さんで軽く夕ご飯を済ませ、お部屋でおつまみ食べながら、晩酌しています。

今日は、子供達がアイス食べたいと言うので、何時もの酪王アイスクリームを頂きました。

 

 

酪王カフェオレアイスクリームが人気で入手出来ないと言う話の時もずっとリステル猪苗代の売店では売っていました。

現在では、カフェオレの他にバニラとイチゴも置いてあります。

 

 

今回は、バニラを選択

何時もながら美味しいアイスクリームでした。

明日はプールに入って帰ろうかと思います。

2018.08.05
一般

大阪透析医会講演会で講演の機会をいただきました。

8月4日の土曜日に大阪のホテルグランディア大阪で大阪透析医会講演会が開催され、特別講演1にて『しっかり透析とオンラインHDF』と言う題名で講演の機会をいただきました。

 

 

今回は

 

1)オンラインHDF再考
2)リンについて考える
3)しっかり透析と診療報酬改訂
4)高齢透析患者の動向と透析の考え方
5)患者が元気になるには:当院の取り組み
と言う項目でお話させて頂きました。

 

 

特別講演2は世界的にも有名な、東海大学の深川雅史先生が

『CKD-MBD治療薬をどう選ぶか』と言う演題名で、最近の知見やCKD-MBDについての話題をコメディカルの方達でも分かる様に判りやすくご講義いただきました。

会場は200名以上の透析従事者の方達が集まられ途中で席が足されたぐらいだったとのことです。

やはり深川先生の話を聞きたいと言う方が集まってきたのかと思います。

私の話は、学術的な話と言うよりは、どちらかというと実践的で透析に対する想いを伝える的な講演でしたので、深川先生の学術的なご講演と釣り合いが取れていたのかもしれません。

講演会後の懇親会ではたくさんの皆様から声をかけて頂き有り難かったです。

いい話が聞けたよと言ってくれた方もいらっしゃってちょっと安心しました。

少しカミカミだったよなんて言う事も言われましたが、それはご愛敬です。

 

2018.08.03
一般

あさか野泌尿器透析クリニックの住所が変わりました。

 

郡山市の土地区画整理事業による換地処分で6月30日よりあさか野泌尿器透析クリニックの住所が変わりました。

 

https://www.city.koriyama.fukushima.jp/333000/toshisebi/oshirase-araikitai.html

 

これまで慣れ親しんできた安積町荒井の住所が無くなり、

 

郡山市巳六段となりました。

 

巳六段と言われてもどこだか判らないですよね。

 

当分の間は旧住所でも大丈夫ということですが、認知されるまでには時間がかかりそうです。

2018.08.01
一般

透析運動療法研究会の郡山開催が決まりました。

 

前回ブログでご紹介いたしましたが、第8回透析運動療法研究会が札幌市で開催されました。

研究会の最後に第9回透析運動療法研究会を開催する偕行会 名古屋共立病院の森山善文先生からご挨拶がありました。

 

その前日の研究会世話人会で、第10回透析運動療法研究会は、2020年2月に鈴木一裕が大会長として郡山市で開催する事となりました。

この様な学会を開催するのは初めてで不慣れですので、国際医療福祉大学病院の安藤康宏先生が大会顧問としてアドバイス頂ける事も決まっています。

現在、日程と会場選定中です。

大会の成功と、福島県での透析患者さんの運動療法が普及できる様に頑張っていきたいと考えております。

 

2018.07.31
一般

第8回透析運動療法研究会に参加してきました。

7月27日から28日に札幌市の北海道大学学術交流会館で開催された第8回透析運動療法研究会に参加してきました。

 

 

通常、透析運動療法研究会は2月開催ですが、2月の北海道は天候不良の可能性もあり、大会長の伊丹先生のご提案で今回は7月開催となりました。

今回は、一般演題の座長とスタッフ口演の共同演者が役割でした。

共同演者ですので、発表したスタッフがフロアから質問に答えられないとき対応する役割があったのですが事前に私の座長とスタッフの発表が重なっていたため、応援に行けないから一人で頑張ってねと伝えて有りました。

ところが、諸事情によりスタッフが急に行けなくなってしまい研究会に相談したところ、スタッフの発表部分の座長を大会長の伊丹先生が替わってくださると言うことになりました。

朝一番の発表でした。

会場は第2会場でしたので、スタッフから渡されたスライドの原稿を読んで質問に答えて、終わり次第駆け足で第1会場に向かい、伊丹先生に御礼を言って座長交代いたしました。

こんなことは滅多に無いですが、なんとか無事に座長と発表を勤める事が出来て安堵しております。

 

当院の運動療法は透析前のラジオ体操やDVDを見ての運動から始まります。

 

 

 

透析中は、半数近くの患者さんがエルゴメーターを漕いでいます。

 

 

チューブ運動をしている方もいます。

 

 

そして月3回の運動療法教室

 

 

これからも運動療法に力を入れていきたいと考えております。

2018.07.19
一般

災害対策携帯カード

平成30年7月豪雨で西日本に甚大な被害が発生しました。

亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

友人の透析施設でも、水害による土砂崩れが原因の断水やスタッフの被災、患者さんの通院困難などの対応が大変であり、まだまだ大変な状況にあると聞いています。

先日の学会で、広島の友人Drから聞いた話では、携帯電話は使えず、固定電話とネットでの通信は可能だったが、透析が可能かどうかを患者さんに伝えるのが大変だったと言う話を聞きました。

 

我々も、東日本大震災の時は連絡手段は大変でした。

その経験を踏まえ、先日の第63回日本透析医学会学術集会・総会では、

危機管理委員会から依頼を受けて

 

学会・委員会企画12

「危機管理委員会企画 透析施設の現場における災害対策の課題」の

 

GI-12-4:透析クリニックにおける災害対策マニュアルのあり方

 

と言う演題名で口演させて頂いています。

 

その中に『災害対策携帯カードの作成』と言う部分があります。

 

 

 

 

表面には、クリニックへの安否確認の基本ルールが書いて有ります。

そして、裏面には職員が有事の際に具体的にどの様に行動するのかが記載されています。

 

 

 

メールでの安否確認は簡略化したメールを送る様になっています。

 

 

 

また、災害時に有効な連絡手段となる伝言ダイヤルの使用方法が書いて有ります。

詳しくは、クリニックホームページ学会発表をご覧ください。

 

2018.07.17
一般

第6回日本腎栄養代謝研究会に参加してきました。

先週末、大阪府豊中市の千里ライフサイエンスセンターで開催された第6回日本腎栄養代謝研究会に参加してきました。

 

 

先週に引き続いてですが、スタッフの発表があり、共同演者として質問等の対応しなければいけない場合があり参加となりました。

 

 

今回はポスターセッションの発表となりました。

当院では常勤及び非常勤の管理栄養士が勤めています。

食事を出していないクリニックとしては珍しいのではと思いますが、腎不全管理で栄養管理はなくてはならないと考えており、それだけ重要視しています。

と言うこともあり、医療法人援腎会は日本腎栄養代謝研究会の賛助会員にもなっています。

今回の研究会では、基礎研究の発表が多く、今まで知らなかった知見をたくさん得ることが出来ました。

患者さん達に還元出来る知見も仕入れてきましたので、今後の診療に反映していきたいと思います。

 

2018.07.06
研究

第29回日本サイコネフフロジー研究会

 

透析従事者向け情報です。

今週末の7月7日(土)と7月8日(日)に東京都の虎ノ門ヒルズで、第29回日本サイコネフフロジー研究会が開催されます。

この研究会は、透析を受けている方達の精神的諸問題を解決する為に、1990年、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター所長だった太田和夫先生とこの分野では第一人者で自らが透析患者でもあった春木繁一先生が中心となって設立された研究会です。

 

透析治療の成績が飛躍的に向上し生命予後が改善されていく中で、患者さん達の精神的諸問題を解決したいという考えからサイコネフロロジー分野の研究が進んできています。

 

当院でも、

一般演題 3「患者・家族支援 1」にて

O3-5  塩分認知検査と血清亜鉛濃度から透析間体重増加を考える

と言う演題名で看護師の原が発表させて頂きます。

 

また院長の鈴木も

一般演題 6「患者・家族支援 3」

の座長を担当させて頂きます。

 

お時間のある方でご興味のある方は是非ともご参加ください。

2018.07.04
一般

第63回日本透析医学会学術集会・総会に参加してきました。

平成30年6月29日から7月1日にかけて神戸国際会議場で開催された第63回日本透析医学会学術集会・総会に参加してきました。

 

 

援腎会からは私を含め6名が参加いたしました。

今回は大阪と遠方のため参加人数は少なくなりましたが、来年は横浜なので今回よりは多くのスタッフが参加出来るかと思います。

新田先生やあさか野のスタッフが写っていませんが記念撮影

 

 

私も、木曜日は評議員会

そして金曜日は日本透析医会の災害時情報ネットワーク会議に参加し、

土曜日は一般演題の座長の仕事がありました。

合間に聞きたいセッションに移動すると言う感じで慌ただしく3日間が過ぎていきました。

 

 

そして、日曜日午後は危機管理委員会企画で災害の講演をさせて頂きました。

 

 

毎年ですが、全国の透析医療を頑張っている仲間達と交流出来て、また頑張ろうと言う意欲が湧いてきました。

そして、知り得た知見を日々の診療に役立てて行きたいと思います。

 

12345...102030...

プロフィール

援腎会すずきクリニック院長 鈴木一裕

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内の記事を検索

よく読まれている記事

リンク