2018.07.17
一般

第6回日本腎栄養代謝研究会に参加してきました。

先週末、大阪府豊中市の千里ライフサイエンスセンターで開催された第6回日本腎栄養代謝研究会に参加してきました。

 

 

先週に引き続いてですが、スタッフの発表があり、共同演者として質問等の対応しなければいけない場合があり参加となりました。

 

 

今回はポスターセッションの発表となりました。

当院では常勤及び非常勤の管理栄養士が勤めています。

食事を出していないクリニックとしては珍しいのではと思いますが、腎不全管理で栄養管理はなくてはならないと考えており、それだけ重要視しています。

と言うこともあり、医療法人援腎会は日本腎栄養代謝研究会の賛助会員にもなっています。

今回の研究会では、基礎研究の発表が多く、今まで知らなかった知見をたくさん得ることが出来ました。

患者さん達に還元出来る知見も仕入れてきましたので、今後の診療に反映していきたいと思います。

 

2018.07.06
研究

第29回日本サイコネフフロジー研究会

 

透析従事者向け情報です。

今週末の7月7日(土)と7月8日(日)に東京都の虎ノ門ヒルズで、第29回日本サイコネフフロジー研究会が開催されます。

この研究会は、透析を受けている方達の精神的諸問題を解決する為に、1990年、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター所長だった太田和夫先生とこの分野では第一人者で自らが透析患者でもあった春木繁一先生が中心となって設立された研究会です。

 

透析治療の成績が飛躍的に向上し生命予後が改善されていく中で、患者さん達の精神的諸問題を解決したいという考えからサイコネフロロジー分野の研究が進んできています。

 

当院でも、

一般演題 3「患者・家族支援 1」にて

O3-5  塩分認知検査と血清亜鉛濃度から透析間体重増加を考える

と言う演題名で看護師の原が発表させて頂きます。

 

また院長の鈴木も

一般演題 6「患者・家族支援 3」

の座長を担当させて頂きます。

 

お時間のある方でご興味のある方は是非ともご参加ください。

2018.07.04
一般

第63回日本透析医学会学術集会・総会に参加してきました。

平成30年6月29日から7月1日にかけて神戸国際会議場で開催された第63回日本透析医学会学術集会・総会に参加してきました。

 

 

援腎会からは私を含め6名が参加いたしました。

今回は大阪と遠方のため参加人数は少なくなりましたが、来年は横浜なので今回よりは多くのスタッフが参加出来るかと思います。

新田先生やあさか野のスタッフが写っていませんが記念撮影

 

 

私も、木曜日は評議員会

そして金曜日は日本透析医会の災害時情報ネットワーク会議に参加し、

土曜日は一般演題の座長の仕事がありました。

合間に聞きたいセッションに移動すると言う感じで慌ただしく3日間が過ぎていきました。

 

 

そして、日曜日午後は危機管理委員会企画で災害の講演をさせて頂きました。

 

 

毎年ですが、全国の透析医療を頑張っている仲間達と交流出来て、また頑張ろうと言う意欲が湧いてきました。

そして、知り得た知見を日々の診療に役立てて行きたいと思います。

 

2018.06.26
一般

本日CKD啓発街頭キャンペーンのため午後休診です

 

 

本日 15:30~17:00 郡山駅東口駅前広場におきまして郡山CKD啓発街頭キャンペーンが開催されます。

 

CKD(慢性腎臓病)は私達の生活をおびやかす新たな「国民病」

最近、慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)という新しい病気の概念が注目されています。

CKDとは、腎障害を示す所見や腎機能低下が慢性的に続く状態で、放置したままにしておくと、末期腎不全となって、人工透析や腎移植を受けなければ生きられなくなってしまいます。末期腎不全は全世界的に増え続けており、いわゆる“隠れ腎臓病”のうちに、早期発見、早期治療することが大切です。

現在、日本には約1,330万人のCKD患者がいるといわれています。これは、成人の約8人に1人にあたる数です。また、人工透析を受けている患者さんも、すでに26万人を超えており、その数は毎年1万人ずつ増え続けています。このままでは、2010年には30万人を突破し、国民400人に1人が人工透析を受けるようになると予想されています。

さらに、CKDでは、心臓病や脳卒中などの心血管疾患にもなりやすいことが明らかになっており、いかにCKDを治療し、心血管疾患を予防するかが大きな問題となっています。

 

日本腎臓病協会からの文章です。

 

当院は、日本慢性腎臓病対策協議会福島県支部の郡山代表として今回の街頭キャンペーンに参加する事となりました。

その為、本日午後の診療は休診となっております。

 

 

2018.06.22
一般

 

お知らせです。
キッセイ薬品さんのMRさんが提供するBS番組に私の講演が収録されました。
医療関係者の方はキッセイの担当さんにお願いすると見る事が出来るかと思います。

パソコンもしくはパソコンをプロジェクターに繋いで見れる番組です。
タイトルは

 

『透析クリニックが歩む道』

 

15分ほどの内容ですが、今回の診療報酬改定とこれからの透析患者高齢化にどの様に対応すべきかを解りやすく説明出来たかと思います。
ご興味のある透析従事者の方はキッセイ薬品さんに聞いてみてください。

2018.06.16
一般

『どこでもメディカルセミナー』

本日の透析終了後、星総合病院でプロフェッショナルな業務をされている方々が出張講義を行ってくださる『どこでもメディカルセミナー』を行いました。

平成25年ですから5年前に一度フットケア勉強会と爪の切り方の講義をして頂いた星総合病院皮膚排泄ケア認定看護師の佐藤義邦先生に、当院通院中で爪の肥厚等のため自分では爪切りが出来なくなっている患者さんの爪切りを実技指導して頂きました。

 

佐藤先生に指導されて爪を切るスタッフ

 

指導の成果もあり、良い感じに爪が切れました。

 

肥厚した爪も削り取る事が出来ました。

 

患者さんの高齢化と共に当院でもフットケアに力を入れてきています。

今回の指導で参加した看護師さん達のスキルが上がってくれたと思います。

これからもレベルの高い診療が提供出来る様にスタッフ共々頑張っていきたいと思います。

2018.06.15
一般

ブログが新しくなります。

ブログ『援腎会すずきクリニックのいい透析への道』も開始して10年以上が経過いたしました。

数年前にm3ブログからホームページ内に移動しましたが、今回当院ホームページ作成をお願いしているマシマロ・ウェブ・クリエーションさんのご協力でブログを更に使い安く改良して頂きました。

今後は、より見やすくなっており、YouTubeとの連携で動画も見られるようになりました。

Instagramでの画像アップもマメにしていこうと思います。

これからもご贔屓によろしくお願いいたします。

 

2018.06.14
一般

ホームページにfacebookとInstagramのバーナー出来ました。


 
ホームページにfacebookInstagramのバーナー出来ました。
facebookは

すずきクリニックと

あさか野泌尿器透析クリニック
のページです。
Instagramは

すずきクリニック
 
のページです。
バーナーをクリックして頂ければそれぞれのページにリンクされていますので訪問可能です。
Instagramの写真はまだまだ少ないですが、クリニック内の雰囲気が感じられる写真を載せて行けたらと思っています。

2018.06.11
一般

透析中の妊娠について

先日、当院で透析通院中に妊娠して、分院のあさか野泌尿器透析クリニックで妊娠中の透析治療を受けて無事出産された方がご挨拶に来てくれた話を書きました。
その事でちょっと追加しておこうと思う話があり記事としました。
.
日本での透析患者さんの妊娠率は1-2%とのことです。
卵巣機能不全の状態になって生理が止まってしまう方が多く、月経不順となり妊娠率が低くなるようです。
対策としては、日ごろから十分な透析を受けて毒素を抜く事が大切です。
当院では、5時間高血流オンラインHDFを勧めており、また希望される方には週4回透析を提供しています。
今回出産された方も当院で週4回透析を受けていました。
.
妊娠後出産まで妊娠継続出来るケースも少なく、妊娠例の8%程度と報告されています。
十分な透析は必須条件であり、妊娠途中からは連日透析が必要となってきます。
あさか野泌尿器透析クリニックでも、日曜日と産婦人科を受診する水曜日を除いた、月火木金土の週5回の5時間透析をおこない毒素を下げる様に管理していました。
.
また、体重のコントロールも重要です。
妊娠中は胸部レントゲン検査も制限されますし、胎児の大きさを加味した設定体重を決めていかなくてはなりません。
経験と注意深い観察が必要です。
あさか野泌尿器透析クリニックの院長もかなり気を使いきめ細かく管理してくれたようです。
完璧だったと思います。
同僚として拍手を送りたいです。
.
妊娠中にかかりつけの産婦人科から綜合病院の透析科へ紹介となった様ですが、綜合病院のDrも我々の施設を信頼して入院が必要な時期まで当院で透析を受ける事を勧めてくれました。
外来クリニックの透析医は入院する時期までの関わりだけでしたが、出来る事は全て行えたと思います。

より良い透析を提供出来る様に、援腎会はこれからも日々努力を重ねていきたいと思います。

2018.05.26
一般

クリニックに赤ちゃんがいらっしゃいました。

IMG_7079.jpg
.
本日外来終了ちょっと前でしたが、クリニックに赤ちゃんがやって来てくれました。
首が据わったかどうかというくらいの赤ちゃんですので、もちろん、お母さんが抱っこして連れてきてくれたのですが、
お母さんは妊娠出産前から当院で週4回の透析を受けていた方です。
.
透析を受けていて妊娠すると言うのは大変なことです。
若い女性でも生理が無くなってしまう方も多いです。
やはり、週3回程度の透析では透析不足なのだと思います。
.
妊娠後は、自宅に近いあさか野泌尿器透析クリニックで週5回透析を受けていました。
妊娠を継続して赤ちゃんが育ってくれる為には、なるべく体内の毒素が少なく出来るように連日透析が望ましいと言われています。
週5回でしかも毎回5時間透析ですから、お母さんもしんどかったようです。
無事に生まれてくれるか心配していましたが、本日は元気な赤ちゃんを見せてくれました。
.
現在は里帰り中でたまたま寄ってくれたようですが、そのうちまた郡山に戻ってきてくれるとのことですので、週4回透析を提供したいと思います。
写真を見せたら、おじいちゃんですかと言う人がいて、違いますと言っています。
こんな赤ちゃんに逢えるのはとても嬉しい事ですね。
心配性なので、抱っこするのは苦手な院長でした。

12345...102030...

プロフィール

援腎会すずきクリニック院長 鈴木一裕

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内の記事を検索

よく読まれている記事

リンク