2018.08.01
一般

透析運動療法研究会の郡山開催が決まりました。

 

前回ブログでご紹介いたしましたが、第8回透析運動療法研究会が札幌市で開催されました。

研究会の最後に第9回透析運動療法研究会を開催する偕行会 名古屋共立病院の森山善文先生からご挨拶がありました。

 

その前日の研究会世話人会で、第10回透析運動療法研究会は、2020年2月に鈴木一裕が大会長として郡山市で開催する事となりました。

この様な学会を開催するのは初めてで不慣れですので、国際医療福祉大学病院の安藤康宏先生が大会顧問としてアドバイス頂ける事も決まっています。

現在、日程と会場選定中です。

大会の成功と、福島県での透析患者さんの運動療法が普及できる様に頑張っていきたいと考えております。

 

2018.07.31
一般

第8回透析運動療法研究会に参加してきました。

7月27日から28日に札幌市の北海道大学学術交流会館で開催された第8回透析運動療法研究会に参加してきました。

 

 

通常、透析運動療法研究会は2月開催ですが、2月の北海道は天候不良の可能性もあり、大会長の伊丹先生のご提案で今回は7月開催となりました。

今回は、一般演題の座長とスタッフ口演の共同演者が役割でした。

共同演者ですので、発表したスタッフがフロアから質問に答えられないとき対応する役割があったのですが事前に私の座長とスタッフの発表が重なっていたため、応援に行けないから一人で頑張ってねと伝えて有りました。

ところが、諸事情によりスタッフが急に行けなくなってしまい研究会に相談したところ、スタッフの発表部分の座長を大会長の伊丹先生が替わってくださると言うことになりました。

朝一番の発表でした。

会場は第2会場でしたので、スタッフから渡されたスライドの原稿を読んで質問に答えて、終わり次第駆け足で第1会場に向かい、伊丹先生に御礼を言って座長交代いたしました。

こんなことは滅多に無いですが、なんとか無事に座長と発表を勤める事が出来て安堵しております。

 

当院の運動療法は透析前のラジオ体操やDVDを見ての運動から始まります。

 

 

 

透析中は、半数近くの患者さんがエルゴメーターを漕いでいます。

 

 

チューブ運動をしている方もいます。

 

 

そして月3回の運動療法教室

 

 

これからも運動療法に力を入れていきたいと考えております。

2018.07.19
一般

災害対策携帯カード

平成30年7月豪雨で西日本に甚大な被害が発生しました。

亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

友人の透析施設でも、水害による土砂崩れが原因の断水やスタッフの被災、患者さんの通院困難などの対応が大変であり、まだまだ大変な状況にあると聞いています。

先日の学会で、広島の友人Drから聞いた話では、携帯電話は使えず、固定電話とネットでの通信は可能だったが、透析が可能かどうかを患者さんに伝えるのが大変だったと言う話を聞きました。

 

我々も、東日本大震災の時は連絡手段は大変でした。

その経験を踏まえ、先日の第63回日本透析医学会学術集会・総会では、

危機管理委員会から依頼を受けて

 

学会・委員会企画12

「危機管理委員会企画 透析施設の現場における災害対策の課題」の

 

GI-12-4:透析クリニックにおける災害対策マニュアルのあり方

 

と言う演題名で口演させて頂いています。

 

その中に『災害対策携帯カードの作成』と言う部分があります。

 

 

 

 

表面には、クリニックへの安否確認の基本ルールが書いて有ります。

そして、裏面には職員が有事の際に具体的にどの様に行動するのかが記載されています。

 

 

 

メールでの安否確認は簡略化したメールを送る様になっています。

 

 

 

また、災害時に有効な連絡手段となる伝言ダイヤルの使用方法が書いて有ります。

詳しくは、クリニックホームページ学会発表をご覧ください。

 

2018.07.17
一般

第6回日本腎栄養代謝研究会に参加してきました。

先週末、大阪府豊中市の千里ライフサイエンスセンターで開催された第6回日本腎栄養代謝研究会に参加してきました。

 

 

先週に引き続いてですが、スタッフの発表があり、共同演者として質問等の対応しなければいけない場合があり参加となりました。

 

 

今回はポスターセッションの発表となりました。

当院では常勤及び非常勤の管理栄養士が勤めています。

食事を出していないクリニックとしては珍しいのではと思いますが、腎不全管理で栄養管理はなくてはならないと考えており、それだけ重要視しています。

と言うこともあり、医療法人援腎会は日本腎栄養代謝研究会の賛助会員にもなっています。

今回の研究会では、基礎研究の発表が多く、今まで知らなかった知見をたくさん得ることが出来ました。

患者さん達に還元出来る知見も仕入れてきましたので、今後の診療に反映していきたいと思います。

 

2018.07.04
一般

第63回日本透析医学会学術集会・総会に参加してきました。

平成30年6月29日から7月1日にかけて神戸国際会議場で開催された第63回日本透析医学会学術集会・総会に参加してきました。

 

 

援腎会からは私を含め6名が参加いたしました。

今回は大阪と遠方のため参加人数は少なくなりましたが、来年は横浜なので今回よりは多くのスタッフが参加出来るかと思います。

新田先生やあさか野のスタッフが写っていませんが記念撮影

 

 

私も、木曜日は評議員会

そして金曜日は日本透析医会の災害時情報ネットワーク会議に参加し、

土曜日は一般演題の座長の仕事がありました。

合間に聞きたいセッションに移動すると言う感じで慌ただしく3日間が過ぎていきました。

 

 

そして、日曜日午後は危機管理委員会企画で災害の講演をさせて頂きました。

 

 

毎年ですが、全国の透析医療を頑張っている仲間達と交流出来て、また頑張ろうと言う意欲が湧いてきました。

そして、知り得た知見を日々の診療に役立てて行きたいと思います。

 

プロフィール

援腎会すずきクリニック院長 鈴木一裕

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内の記事を検索

よく読まれている記事

リンク