2018.11.27
一般

第14回長時間透析研究会に参加してきました。

11月24日の土曜日から25日の日曜日にかけて福岡県福岡市のアクロス福岡で開催された第14回長時間透析研究会に参加してきました。

今回は、シンポジウム 過剰透析はあるか?Pros and Cons 

の座長と言う大役をさせて頂きました。
しかも、透析業界の若手ではホープと言われる谷口先生と一緒に座長をさせて頂き大変恐縮でした。

 

シンポジウム【SY-1~4 】過剰透析はあるのか? Pros and Cons10:00~11:30〈発表15分+質疑3分〉

座長:鈴木 一裕(援腎会 すずきクリニック)

  谷口 正智(医療法人医心会 福岡腎臓内科クリニック)

  1. SY-1  過剰透析はあるのか? Pros and Cons(賛否両論)

    茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター、透析センター(茨城県)小林 弘明

  2. SY-2  理論上過剰透析はあるが、臨床現場では問題になっていない

    医療法人社団 坂井瑠実クリニック(兵庫県)喜田 智幸

  3. SY-3  過剰透析はあるのか?

    腎友会 岩見沢クリニック(北海道)千葉 尚市

  4. SY-4  過剰透析への対応について

    幸善会前田病院 腎臓内科(佐賀県)前田 篤宏

総合討論 18分

 

 

最初に私の方からintroductionを発表させて頂き各演者の先生方の発表となりました。

 

90分のシンポジウムで4名の先生方が発表してくれましたが、一題一題の質問が多数あり、議論も白熱していました。

そのため、総合討論の時間は無くなりましたが、会場の多くの方から大変良かったとお褒めの言葉を頂けました。

 

今回の長時間透析研究会は今年の4月に長時間透析に保険点数の加算が付いたこともあり、今まで以上に内容が充実した研究会だったと思います。

衝撃的だったのは、北海道の伊達クリニックさんのこの1年で長時間透析を受ける患者さんが1名から30名に増加したと言う発表でした。

長時間透析の良さを十分に説明し、お試し体験をして頂いた30名の方が皆さん現在も6時間透析を受けていると言う話でした。

当院でもしっかり透析を推奨していますので、透析時間延長の成果についてこれからも多くの患者さん達に啓蒙していきたいと思います。

プロフィール

援腎会すずきクリニック院長 鈴木一裕

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内の記事を検索

よく読まれている記事

リンク