2018.09.03
一般

慢性腎臓病の低タンパク食について

現在は慢性腎臓病の治療についてインターネットでいろいろ調べる事が出来ます。

検索するとまず出てくるのが低タンパク食です。

蛋白制限をする事で腎機能の悪化を防ぐと言う話です。

タンパク質が腎臓の糸球体に詰まり腎臓が悪くなるので蛋白を制限する食事が優れていると言う話です。

 

でも最近の研究では強く推奨されなくなっています。

今年5月に発刊された

エビデンスに基づく CKD 診療ガイドライン 2018でも

画一的な低タンパク食の指導は不適切と書いて有ります。

特に高齢者では、過度なたんぱく質摂取制限は生命予後を悪化させる可能性が有るとも書かれています。

 

私もこれまで何回か参加して演題発表もしている『腎臓病と栄養・代謝・食事フォーラム』でも5年前のプログラムでは低タンパク食の発表がたくさん有りましたが、最近はめっきり減ってきています。

 

こちらが2013年のプログラムです。

http://www.nmdkd-forum.org/2013/02-program-01.html

 

そして今年のプログラム

http://www.nmdkd-forum.org/2018/02-program-01.html

 

この様に低タンパク食は指導経験が豊富な医師や管理栄養士の指導の下にきちんと自己管理が出来る方でないと効果が発揮出来ない治療法だと分かってきています。

安易にネットに書いて有る方法を信じるのではなく、専門家の意見をしっかり聞いて自己管理をする事をお勧めいたします。

腎臓が悪いという事でご飯を減らしていると言う方がいらっしゃったので書いてみました。

プロフィール

援腎会すずきクリニック院長 鈴木一裕

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内の記事を検索

よく読まれている記事

リンク