2018.11.14
一般

認知症で入院中に転倒し後遺症 病院に2770万円の賠償命令

http://news.livedoor.com/article/detail/15458686/

 

先日あった病院でスタッフが目をそらしている間に転んだ認知症の方が後遺症を残して裁判となり、2770万円の賠償が命じられたと言うニュースがありました。

 

熊本認知症患者転倒訴訟,判決内容概要

傍聴した方の傍聴記が有りましたのでリンクしておきます。

 

これを見て私は大変困った判決が出たなあと思いました。

転倒して後遺症を残した患者様とご家族様にはお見舞い申し上げますが、要介護度5で認知症の長谷川スケールが0点の患者さんです。

長谷川スケールは30点中19点以下が認知症疑い、0-4点は高度認知症になります。

要介護度5は以下の状態です。

・身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話ができない。
・立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作ができない。
・歩行や両足での立位保持などの移動の動作ができない。
・排泄や食事ができない。
・多くの不安行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

 

この裁判では、後遺障害慰謝料を約2000万円としています。

そして裁判所の判断は、「元々重度認知症ではあったが、上肢機能に異常はなく4月から歩行能力も改善しており,認知症と四肢麻痺は同系列の障害ではなく、新規障害と判断するので損害は2000万円を下らない」との旨の判断でした。

つまり要介護度5で高度認知症の方でも、部位が違うので普通の元気な方と同等の後遺障害慰謝料だと認めたと言う事です。

 

これを聞いて、10年前に有った裁判を思いだしました。

10年近く前の話ですが、それまでは帝王切開後の自然分娩は一般に行われていました。

しかし、ある大学病院で帝王切開後の自然分娩で出産されたお子さんに重度の障害が発生し、裁判で大学病院が負けてしまいました。裁判の内容を聞きましたが、どう見てもそれ以上の対応は困難と言うレベルで対応したが不幸な結果になったと言うものでした。

 

それ以来、日本中で帝王切開後の自然分娩を行う病院が無くなりました。それは全国の帝王切開を受けている妊婦さん達に取って不利益です。

今回もこの件から高度認知症の方は受け入れないと言う病院が増えてしまったら認知症の方を抱えるご家族はどうすれば良いのでしょうか?

ため息が出る話です。

プロフィール

援腎会すずきクリニック院長 鈴木一裕

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カテゴリー

月別アーカイブ

サイト内の記事を検索

よく読まれている記事

リンク