福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2018年4月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

月別アーカイブ

第8回 すずきクリニック勉強会のお知らせ

2017年12月08日

明日、すずきクリニックでは、第8回をすずきクリニック勉強会を14時30分より個室透析センターの2階多目的ホールで開催いたします。

内容は

透析患者の自己管理

◆フットケア その①

~足の観察の仕方&目的~

◆食事とリンコントロール

です。

当院に通院中の方以外でも是非ともいらしてください。

2017120906415a9eee9e8828168afbad3d7b323490cd3a6c.jpg

今週末は学会が目白押し

2017年12月07日

12月10日の日曜日は福島腎不全研究会

幹事と発表もありもちろん出席ですが

第11回 Vascular Access超音波研究会

http://vaultrasonic.com/

第2回I-HDF研究会

http://i-hdf.jp/

つくづく重なっているのが残念です。

私も発表頑張ります。

透析療法ネクスト 22 高リン血症治療の新たな選択肢

2017年12月02日

医学図書出版株式会社から出版された

『透析療法ネクスト 22 高リン血症治療の新たな選択肢』

3.実臨床におけるスクロオキシ水酸化鉄の有用性

の96-103ページまでで

『スクロオキシ水酸化鉄の使用経験-P,Ca,FGF23 と排便スコアの検討

と言うタイトルで院長の論文が掲載されました。

スクロオキシ水酸化鉄を使用した方でのFGF23の推移を検討した論文です。

ご紹介いたします。

.

2017-12-02 11.49.55.jpg

.

2017-12-02 11.50.21.jpg

(株)講談社 週刊現代記事について抗議の声明が出されています。

2017年11月28日

201711280b002e6e7885559cc9bdf1a474d71a1bbc848088.png

.

先日、慈恵医大の横尾隆教授らのグループが、腎臓の元になる前駆細胞から尿を排出する機能を持つ腎臓を再生させることに成功したと言うニュースがありました。

大変素晴らしい事だと思います。

その後、慈恵医科大学腎臓内科から抗議の声明が出されたと知りました。

.

上記の写真にリンク先を貼ってありますので、詳細を是非ともご覧になってください。

要は、講談社「週刊現代」が横尾教授に取材を行い、掲載内容を確認したところ、取材された内容と全く異なる内容になっていたと言う事です。

しかも記事の掲載の中止を申し入れたが締め切りが間に合わないと聞き入れて頂けなかったと言うのです。

その記事は「あたかも透析医療が腎不全患者をビジネスにして、透析医療に関わる医療従事者を非難している」かのような表現になっていたそうです。

今回、意図せぬ内容に記事を書き加えられてしまったことに強く抗議をされていますが、抗議していること自体が知れ渡らないと誤解が広まる恐れがあります。

このブログを見た方にも広く知っていただいた方がいいと考え記事としました。

.

記事を面白くする為に、記者がストーリーを造りインタビューした内容と異なる内容を書き加えてしまうという事は、大変恐ろしい事だと思います。

第13回長時間透析研究会に参加してきました

2017年11月28日

11月25日の土曜日と26日の日曜日に東京の都市センターホテルで開催された第13回長時間透析研究会に参加しました。

今回は、大会長が以前より親しくしていただいている東京ネクスト内科・透析クリニックの陣内彦博先生でした。

陣内先生は、都内で金曜日のオーバーナイト透析を行われており、月水金夜間透析で金曜日にオーバーナイト透析を行うことで、週4回透析に近い状況を作ると言う工夫をされています。

.

IMG_4986.jpg

.

今回注目されていたのは、土曜日のディベートセッションで

S1 酢酸含有重炭酸透析液 vs クエン酸含有重炭酸透析液 ~長時間透析にとって理想の透析液はどちらか~ 

と言うセッションでした。

演者の先生方も力がこもっており、とても白熱したセッションとなりました。

今回私のお仕事としては、日曜日のシンポジウムの演者とポスターセッションの座長という役割でした。

.

23826301_1488646864518501_4934848593602538331_o.jpg

.

  1. TS2-04  長時間透析における透析条件の調節方法

    所属:援腎会 すずきクリニック

    演者:鈴木 一裕(スズキ カズヒロ、医師) 

.

23847158_1488646951185159_1123967671998044173_o.jpg

.

IMG_5001.jpg

.

当院で行っている『しっかり透析』の3本の柱の一つである高血流透析に関して、その効果と皆様が心配している部分についての説明が出来たかと思います。

.

 

  1. O4-04  長時間透析患者におけるリンコントロ-ルの傾向

    所属:援腎会 すずきクリニック

    演者:原 博子(ハラ ヒロコ、看護師)、鈴木 翔太、鈴木 一裕 

一般演題も、当院看護師の原が発表してくれましたが、残念ながら私は同時刻に行われたポスターセッション座長のため聴講出来なかったのが残念です。

.

IMG_4997.jpg

.

土曜日の懇親会では、カラテカの入江さんがいらっしゃって、一緒に写真を撮らせていただきました。

懇親会後は、いつもの透析に情熱を傾けている仲間達と議論を重ねることができました。

勉強した内容を明日からの診療に役立てて行きたいと考えています。

尚、今回の長時間透析研究会では、幹事会で新任幹事に任命されました。

平成25年に初めて参加した長崎での長時間透析研究会のときは、

6時間透析って凄いな。なかなか出来ないな。

と思っていましたが、現在では週4回透析と6時間透析の方が援腎会で19名(すずきクリニックが15名、あさか野泌尿器透析クリニックで4名)になりました。

しかも、そのほとんどの方が本人希望です。

今回参加して気づいたことは、長時間透析自体が身近に感じられるようになったなと言う事です。

今後は、長時間透析研究会の幹事として長時間透析が普及していくことに対し微力ながら努力していきたいと思います。

フィラピーをお借りしました。

2017年11月16日

IMG_4922.jpg

透析治療を行っていく上でシャント管理は重要です。

今回、台湾では90%以上の透析施設で導入されている、フィラピーをお借りできました。

今回お借りしたフィラピーは簡易版で、本格的なフィラピーは慢性動脈疾患の方にも効果あるそうです。

フィラピーの特徴は

  • シャントトラブルを未然に防ぐ

  • シャント血管が穿刺しやすくなる

  • シャント血流量が増加する

との事です。

穿刺痛や透析中のシャント肢の痛みで困っている方達もたくさんいらしゃいます。

お借りしている間にフィラピーの効果を確認してみたいと思います。

本田先生の記事がリビング郡山に載りました。

2017年11月14日

本田先生の記事がリビング郡山11月号に載りました。

今回は、頻尿についてです。

字が小さく恐縮ですが、ご覧になってみてください。

201711143bd03eed2e96d1bec9843688187f6378b7267878.jpg

帽子を頂きました。

2017年11月07日

当院通院中の90歳を越えるおばあちゃんから毛糸の帽子をたくさん頂きました。

IMG_4871.jpg

思わずスタッフで記念撮影

おばあちゃんも風邪を引かないように気をつけて!

岩村監督の引退記念サイン入りプレート

2017年10月31日

9月10日に開成山球場で福島ホープス岩村明憲選手の引退試合が行われたのですが、残念ながら別の用事が有り参加する事が出来ませんでした。

とても残念に思っていたのですが、福島ホープスさんから岩村監督の引退記念サイン入りプレートを本日頂きました。

.

IMG_4819.jpg

.

もちろん、医療法人援腎会は福島ホープスのスポンサーをさせて頂いていますが、スポンサーしている額もほんの少しであり、この様なプレートを頂けるなんて思ってもいませんでした。

.

IMG_4818.jpg

.

しかも、プレートの右下には援腎会の名前入り

感激しました。

待合室に飾っておきますので、受診された方でご興味がありましたら、ご覧になってみてください。

北海道・東北臨床工学会

2017年10月13日

今週末の10月14日(土)、15日(日)の2日間、仙台市青葉区国見の東北文化学園大学で北海道・東北臨床工学会が開催されます。

今回は第4回となるとのことです。

今回、15日日曜日の9:00〜11:00に行われるシンポジウム2

当院透析室長鈴木翔太が

長時間透析と高血流量の利点と課題

と言う演題名で発表させて頂きます。

当院で提供してきた透析についてしっかりプレゼン出来れば素晴らしいと思います。

臨床工学技士の方で参加予定の方には、是非ともシンポジウム2を見に行って下さいね。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ