福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年9月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

高齢者の透析について

2017年05月23日

たまに、仕事の事を書いてみます。

高齢透析患者さんの問題点について

•合併症が多い

•消化管機能の低下

•摂取量減少

•習慣を変えられない

•理解不足

などから栄養障害が生じやすいです。

.

2011年に行ったDOPPS調査で、年齢別の透析時間、血流量を調べた結果があります。

.

.

20170523c33f2b11a592124d00e068c24ff5014bcb9d7da7.png

食べられないこともあり、透析時間も短く、血流量も低い傾向にあります。

データがいい事も有り、透析量自体も少なめに設定しているのではないかとも思えてきます。

.

2009年の腎と透析に有名な矢吹病院の政金先生が、

「高齢透析患者の予後が悪いのは高齢であるからだけでなく、その背後に透析不足が内在している可能性がある。

高齢透析患者の適正透析を考えるとき、患者の愁訴に注目し,活動性を落とさないことを確認しながら、できるだけ透析量をふやしていくことが重要である。」

と報告しています。

.

.

ここでとある高齢女性の体脂肪量とドライウエイトの変化のグラフを示します。

.

201705233564a1f7cd5210b982dcbbcb48ff8bad3fc377e3.png

.

.

元々5時間透析を受けていた方ですが、除水量が多くなると透析中に血圧が下がってしまう。

血圧が下がり具合悪くなる事を恐れて食べなくなり、どんどん体重が減ってしまいました。

透析膜を変更しても透析方法をI-HDFなどに変更しても良くなりませんでした。

そこで、透析回数を週4回に増やしてみました。

血圧が下がる事が無くなり、栄養指導で食べられるように指導を重ねた結果です。

政金先生も書かれているように、高齢者だからといって初めから透析量を減らす必要は有りません。

 .

高齢者だからと言うことでは有りませんが、大切なことは透析中に何も起こらない無愁訴透析を目指すということです。

高齢者だからこそ、透析時間を延ばし透析回数を増やす必要があるのではないかと思います。

消火訓練が有りました。

2017年05月16日

本日、消火訓練を行いました。

今回は、なんと郡山消防署の方達から直接ご指導頂くことが出来ました。

ただ、ちょうど具合悪い方を診察していたので、訓練には間に合わなかったです。

 

帰り際に消防車の前で記念撮影

2017-05-16 14.21.27.jpg

もちろんピースサイン

参加もしていないのに。

ミーハーですね。

 

2017-05-16 14.22.39.jpg

訓練が終わり颯爽と消防車はお帰りになりました。

格好いいですね。

何時も何時も危険な仕事をして頂き、ありがとうございます。

そして、救急車による患者さんの搬送も心より感謝いたします。

第7回すずきクリニック患者勉強会無事に終了しました。

2017年05月15日

土曜日の14時半から行いました第7回すずきクリニック患者勉強会は無事に終了いたしました。

 

IMG_2051.jpg

多目的ホールは35席のテーブル椅子があるのですが、50名以上の方から参加したいと言うご希望あり、今回はテーブルを外しての勉強会といたしました。

雨の中で足下の悪い状況ながら、たくさんの方が参加して下さりとても感謝しております。


「しっかり透析で元気に
 長生き出来る透析を目指して
  〜援腎会の7つの目指すもの〜」

 

これまでの9年間の奇跡と、援腎会が目指す透析治療がお伝えできたのではないかと考えております。

これからもこのような勉強会を継続して行きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

本日、9周年をむかえました。

2017年05月12日

本日5月12日で援腎会すずきクリニックは9周年をむかえました。

あっと言う間の9年間だったと思います。

 

開院3年目で経験した東日本大震災、大変でした。

あれが開院直後だったらと考えるとゾッとします。

 

4年前には個室透析センターを開設する事が出来ました。

平均透析時間も最近では5時間を越えるようになりました。

 

201705124658e3ba35fc8805a55f2da6d2473a25ed346a84.png

以前より、長時間、高血流透析、オンラインHDFのしっかり透析を提供する施設を目指して診療してきました。

最近では、透析患者さんの高齢化対策として、栄養管理、運動療法、そして合併症管理にも重点を置いてきています。

 

また、泌尿器科診療では、本田医師の女性外来を目玉としています。

泌尿器科から一般内科まで幅広く地域貢献をしていきたいと考えております。

 

昨年は同じ5月にあさか野泌尿器透析クリニックが開院しております。

すずきクリニックとあさか野泌尿器透析クリニック、同じ援腎会として頑張っていきたいと思います。

 

5月12日は「看護の日」です。

そのような日に開院したという事を肝に免じてこれからも頑張っていきたいと思います。

猪苗代町の川桁、観音寺川の桜

2017年05月05日

猪苗代町の川桁、観音寺川の桜を見に行きました。

ゴールデンウィークでちょうど満開でした。

IMG_3016.jpg

 

観音寺川は、川桁駅から少し北にあるいたところにあり、

リステル猪苗代までの約1kmくらいの間ですが、両岸にソメイヨシノが咲いています。

IMG_3012.jpg

 

こちらはリステルに近い上流から撮影しています。

 

IMG_3013.jpg

 

ここも上流です。

 

数年前まではそれほど有名では無かった気がしますが

(知らなかっただけかもしれません)、

現在はライトアップもされており桜の名所として多くの方で賑わっています。

IMG_3020.jpg

駅から近い橋の上からの撮影です。

ここは撮影スポットらしく、たくさんの方が橋の上から桜並木を撮影していました。

ライトアップされた桜並木は見ていて感動して、とても素晴らしい気分になりました。

 

第7回すずきクリニック患者勉強会のお知らせ

2017年04月28日

20170428ad870dd417477ddac1a883549d00e20068c90472.jpg

平成29年5月13日土曜日の14時半から、個室棟2階の多目的ホールで第7回すずきクリニック患者勉強会を行います。
今回の演題名は、
1月のあさか野泌尿器透析クリニックで院長がお話させて頂いた

「しっかり透析で元気に
 長生き出来る透析を目指して
  〜援腎会の7つの目指すもの〜」

です。
参加費は無料です。

今回は、当院通院中の方を対象としておりますが、それ以外の方でも聞いてみたいと言う方がいらっしゃいましたら、是非ともクリニックにお電話ください。

電話 024−925−0860

通院中の方も、是非ともご家族とご一緒にご来院頂ければ幸いです。

Best Presentationスライドを学会発表のページに掲載しました。

2017年04月25日

当院臨床工学技士の人見君の演題が、第44回日本血液浄化技術学会学術大会・総会の最優秀演題賞となりました。

 

援腎会ではホームページに学会発表のスライドを掲載しています。

 

pick upの学会発表でこれまでの発表がご覧頂けます。

 

今回のスライドもご覧頂けます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.enjinkai.com/society/2017/04/44.php

 

追加コメント)

今回の発表ですが、病院に勤務されている方でしたら、BCPは作っているよと思われた方もいらっしゃったのではないかと思います。

じつは、

20170425434ce18b418cf156a6357558d54394305a1afb3e.png

震災の年の10月に

災害医療のあり方に関する検討会

が開かれ、病院については

病院の災害対応マニュアルは、初期対応に重点が置かれており、業務継続計画としての性格を有するような長期的な対応について整備されることは尐ないと考えられるため、今回の震災での経験も踏まえ、長期的な対応も想定して各病院が作成することが望ましい

と記載されて、BCP策定が勧められています。

しかし、一般診療所に関しては、

一般の医療機関等については、従来通り、医療機関が自ら被災することを想定して防災マニュアルを作成することがゆうようである。

と、これまでの災害マニュアルを継続して使用していく事を勧めています。

201704253cf8f31c95af35c624f526ee85393b4e36927ba2.png

東日本大震災の経験から、透析クリニックは有事の際にも継続して透析医療を提供していくべきで有ると言う考えが有ります。

その為には我々もBCP策定を行う必要があると考えて、BCP策定を行いました。

以上の理由で、今回の発表は我々オリジナルなものだと考えております。

当院臨床工学技士人見君の演題がBest Presentationに選ばれました。

2017年04月23日

東京、有明の東京ビッグサイトで行われている、第44回日本血液浄化技術学会学術大会・総会にスタッフと共に参加しています。

今回、登録した38演題中5演題がBest Presentation審査セッション演題として選ばれ、当院臨床工学技士の人見君の演題が名誉なことに5演題中に含まれていました。

演題名は

透析クリニックにおけるBCP策定

でした。

発表が土曜日であり、共同演者としてクリニックは休診として出かけてきました。

発表は無事に終わりました。

1日目の終了後の意見交換会で、なんと、我々の演題が

最優秀演題賞

を受賞いたしました。

2017-04-22 19.19.12.jpg

人見にとっても我々にとってもこの受賞は一生の宝物になりそうです。

腎内科クリニック世田谷さんでオーバーナイト透析が始まりました。

2017年04月21日

C92SPTBUMAARDbd.jpg

東京都世田谷区千歳烏山にある腎内科クリニック世田谷さんでオーバーナイト透析が本日より開始となります。

腎内科クリニック世田谷の院長先生である菅沼信也先生は、我々のしっかり透析を行っている仲間であり、第11回長時間透析研究会大会長を務められた方です。

オーバーナイト透析は月水金夜間透析の金曜日に行われるとのことです。

オーバーナイト透析のメリットは腎内科クリニック世田谷さんのホームページに書かれており、引用させて頂きます。

~深夜透析のメリット=長時間透析+αのメリット~
夜間の睡眠時間を利用しての透析は、日中の施設透析により圧迫されていた仕事・家事 ・余暇等の時間を確保できます。また開始時間が遅いため、残業をしたり夕食や入浴を済ませてから透析を行うことができます。
時間帯のメリットだけではありません。就寝中に実施するため体感時間が大幅に短縮され、拘束のストレスが少なくなります。また、透析中の血圧(循環動態)の安定、高血圧や貧血の改善、心不全、透析アミロイドーシス等の合併症軽減や予防、良好な生命予後(元気で長生き)が期待できます。
血圧、リンやカリウム値が低下し薬を減らす事ができますし、食事制限が緩やかになり、食欲も増し、栄養状態が改善します。
尿毒素や水分が体内に蓄積されやすい2日空きとなる時間を短くする事ができるオーバーナイト透析。ご希望の方は腎内科CL世田谷までご連絡ください。

昨日は強風で大変でした。

2017年04月20日

昨日は午後から強風で大変でした。

家の中に居ても揺れるくらいの強さでした。

今朝は、せっかく満開になった桜がどうなったか心配で、逢瀬川の土手沿いを歩いてきました。

17952866_1297302706986252_568593579010981201_n.jpg

18010687_1297302680319588_1975254826406624477_n.jpg

18010926_1297302700319586_3477647613863557339_n-1.jpg

18033178_1297302696986253_1506477895947385340_n.jpg

散り気味の桜もありましたが、満開の桜も多く、週末までまだまだ見頃は続きそうです。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ