福島県郡山市にある人工透析と泌尿器科の専門施設、援腎会すずきクリニックの紹介、診療に対する考え方、お知らせなどのページです。

プロフィール

院長イラスト

こんにちは、援腎会すずきクリニック院長の鈴木一裕です。

カレンダー

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

かおりやま内科さんの内覧会に行ってきました。

2016年09月25日

2016-09-24 12.42.26.jpg

10月1日土曜日に郡山市内長者で開院される、かおりやま内科さんの内覧会に行ってきました。

院長の新妻先生は、大学時代の先輩で、福島県立医科大学病院、太田西ノ内病院でお世話になった方です。

循環器内科専門です。

2016-09-24 12.39.58.jpg

クリニック内はとても広々としていて、インターネット予約可能とのこと

アロマセラピーも行っているそうです。

2016-09-24 12.35.13.jpg

更に、室内に運動療法室があり専任の運動トレーナーが在籍しており、どなたでも簡単にできる楽しい運動が体験出来るとの事です。

場所は、長者の芳山小学校西側です。

 

長谷川某のブログ 『本気論 本音論』について

2016年09月24日

長谷川某と言うフリーのアナウンサーがブログで透析患者の攻撃をしています。

ブログ 『本気論 本音論』の9月19日の記事です。

自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!

透析患者を殺せ!と言うショッキングな題名ですが

「遺伝的な疾患も確かにあります。しかし、私の見立てでは...8~9割ほどの患者さんの場合「自業自得」の食生活と生活習慣が原因と言わざるを得ません」

と言う極論を持つ医師(しかも匿名医師です。本当かも分かりません。)の言葉を用いて透析者の方達を強く批判しています。

透析になる患者の多くが糖尿病からであって、暴飲暴食を繰り返してた為に腎不全になったと言う主張です。

本当にそうなのでしょうか?

201609247a23153e1d0a0e19766da72c65bb882763a14e40.png

これは、2014年末のわが国の慢性透析療法の現況の写真ですが、

糖尿病から腎不全になられた方は38.1%、慢性糸球体腎炎は31.3%、腎硬化症で9.1%となっています。

糖尿病性腎症から透析になった方が現在は最も多くなっていますが、他の新患から透析になった方も6割います。

この、透析患者死ね が、いかに適当な事を言っているのか、これだけでも分かるかと思います。

非糖尿病の腎不全から透析になった友人が、この文章を見て、2日間寝られなかったと言っています。

彼女は、透析を受けながらもしっかり仕事をして納税も行っています。

次に、糖尿病から腎不全になられた方についてです。

彼は、

・バカみたいに暴飲暴食を繰り返す
・腹は出る、腰は痛める。周囲に注意されているのに、無視。
・それでも食べ続け、運動もしない。
・周囲は必死に注意。でも無視。
・で、糖尿病になる。
・にも関わらず、運動もしない、食事も先生から言われたことをろくに守らず好き放題。

で、ついに「人工透析患者」さんに。

と書いています。

本当にそうなんでしょうか?

20160924feac09837821afac7b4826f857b8ae26b49344d1.png

東京綾瀬腎クリニックさんのホームページより

 

 

とても分かりやすい図がありましたので、引用させて頂きました。

糖尿病はある程度まで進行すると、腎臓悪化を止める事が出来なくなる病気です。

このことを長谷川某は全く理解していない事が悲しいです。

糖尿病から透析になる男性の方の典型としては、

30-40歳台に、もりもり仕事をして、よく食べて、家系が糖尿病で、血糖は高いけど治療も受けているような方が典型的ではないでしょうか。

まあ、この頃暴飲暴食もあったかもしれません。

その後、これ以上病気が進行するとまずいと節制するのですが、実は糖尿病は腎臓がある程度悪くなると、そのほとんどが長い年月をかけて腎不全となってしまうのです。

若い時に血糖コントロール不良である時期が続くと、その後きちんとコントロールしようとしても後戻り出来ない怖い病気なんです。

透析導入になった糖尿病の方の多くが、きちんと食事管理をしています。

透析導入時も暴飲暴食の方は少ないのが現実です。

もちろん、透析に入るまで暴飲暴食の方もいますが、本当に少数だと思います。

 

患者会からも謝罪をして欲しいと言う声明が出ています。

20160924c7b20e0623f7815659013fa8b57bd09774e7992f.png

その後のブログ記事で言い訳を並べていますが、謝罪はいらないので、退場して欲しいと思います。

 ジャーナリストならば、きちんと取材をしてください。

他の人の意見を引用するのでしたら、匿名の意見を引用するなんてナンセンスです。

我々、いい透析を提供しようと頑張っている医療者に対しても大変失礼な事を書いています。

以上です。

 

 

 

 

あさか野泌尿器透析クリニック透析棟建築中

2016年09月18日

金曜日のあさか野泌尿器透析クリニック透析棟建築行程会議後、建物の中を見てきました。

2016-09-16 13.21.46.jpg

入口部分も徐々に出来てきました。

2016-09-16 13.21.30.jpg

今月末には壁も全て貼られて、足場も無くなるそうです。

2016-09-16 14.27.19.jpg

入口の自動ドア部分です。

2016-09-16 14.27.49.jpg

メインの透析室の部分です。

すずきクリニック透析室は天井を高めにしています。

個室透析センターは個室感を出す為に一般家庭の高さになっています。

今回は、空調も考えての高さといたしました。

5時間の間ずっとベット上で過ごしますので、空調は大切です。

来週も見に行くのが楽しみです。

個室透析センターでGoogleインドアビュー

2016年09月16日

援腎会すずきクリニック個室透析センター内部がGoogle mapのインドアビューで見られるようになりました。
是非とも個室透析センターを訪れた感覚でご覧になってください。

20160916ce0acf67c197e3f81a5c5480e56764b16fb906ca.png

↑↑↑↑↑↑↑↑こちらをクリック!

あさか野泌尿器透析クリニック透析棟建築中

2016年09月10日

金曜日はあさか野泌尿器透析クリニック透析棟建築行程会議に参加してきました。

金曜日もいくつかの事項について協議をしました。

その一つとして、現在のクリニックと新しく建築中の透析棟の間に設置する透析用の給水タンクについて話し合いました。

給水タンクが道路より奥の位置に設置されていましたので、もし震災等の有事が発生して水道水の給水が停止した場合に、給水車からの給水が問題なく行われるかについてです。

工事にかかわる水道設備業者が郡山水道局に給水車のポンプの長さについて問い合わせして頂きました。

結果としては十分に届くということでした。

設計の段階では特に疑問に思わなくても、建築途中で気になったり修正すべき項目が出てきます。

一つ一つ解決していくことが重要です。

建物の建築は順調に進んでおります。

2016-09-09 14.19.22.jpg

先日設置した床暖房用のチューブはコンクリートで打設されていました。

個室透析センター建築時には、ネコが入ったようで、コンクリートにネコの足跡がついていましたが、今回は大丈夫だったようです。

2016-09-09 14.22.04.jpg

一部外壁も出来てきていました。

2016-09-09 14.23.00.jpg

今月末には外壁が完成して足場も取り外される予定です。

益々楽しみが増えていきます。

クラミジア感染症に対する迅速検査

2016年09月04日

すずきクリニック及びあさか野泌尿器透析クリニックでは、

クラミジア感染症に対する迅速検査を行っています

=========================

性感染症の治療は、泌尿器科専門医で受けましょう。

男性の性感染症の治療は、泌尿器科専門医で受けましょう。

標榜科に泌尿器科であっても泌尿器科専門医とはかぎりません。

淋菌クラミジアの治療には正しい診断と、治療後の治癒判定が必要です。

すずきクリニック及びあさか野泌尿器透析クリニックでは、

クラミジア感染症に対する迅速検査
を行っています

検査キットはDS ファーマバイオメディカル株式会社のクラミジア抗原キット「ラピッドエスピーR 《クラミジア》」を使用しております。

迅速検査の場合でも、尿道への綿棒挿入の必要は無く、痛みの無い尿検査のみで検査可能です。

検査は30分から1時間くらいで結果が出ます。

尚、診察前の検尿検査で膿尿が認められた場合や淋菌も調べる場合は、結果は後日となりますのでご了承ください。

また、性病が心配で無症状の方に対するクラミジア検査は自費診療となります。

http://www.enjinkai.com/

床暖房設置中

2016年09月04日

金曜日はあさか野泌尿器透析クリニック透析棟建築行程会議に参加してきました。

毎週行っている行程会議ですが、金曜日は検討事項が少なく、1時間くらいで終了しました。

透析室はそこそこ大きな建物になります。

建築期間は6ヵ月を予定しています。

一つ一つじっくりと作業が進められます。

その間に行程会議を繰り返し行うのですが、すずきクリニックも個室透析センターも建築完成後にこうすれば良かったと後で後悔したことが非常に少なかったと思います。

ドアの開き方から、引き戸の方がいいとか、下駄箱の場所から、スイッチの位置まで、細々とした議案が多いですが、念入りに検討することが大切です。

2016-09-02 14.12.55 HDR.jpg

行程会議の後に現場の視察をしてきましたが、床暖房用のチューブを敷いていました。

今月中には床が張られ、壁が出来るようになります。

毎回行くたびに完成が楽しみになります。

この場所で、しっかり透析が提供出来るように工事は着々と進められています。

本日運動療法教室でした

2016年08月23日

IMG_0355.jpg

本日、個室透析センターの多目的ホールで月2回開催されている運動療法教室が開催されました。

本日はタオルを使った運動療法と言うことで、多数の方が参加してくれました。

実は、本日雑誌社の方が当院運動療法教室を取材したいと言うことで来院されていました。

運動療法教室開催前の取材で、何故運動療法を積極的に行っているのかという質問がありました。

僕としては、それは必然なんですとお答えしました。

当院は、しっかり透析を実践しています。

透析時間延長、血流量増加、オンラインHDFです。

患者さん達は、当院のしっかり透析を受けると食欲が増して太ってくる方が多いです。

毎月体組成計インボディを使用して筋肉量や体脂肪量を測定していますが、筋肉量は変わらず、体脂肪量が多くなる方が多いです。

また、当院では、糖尿病から末期腎不全になった方が多く、血糖管理も重要となってきます。

その為、糖尿病専門医によるデータ管理と管理栄養士2名による栄養管理を行っています。

栄養管理を熱心に行っていくと必然的に運動療法を行いたくなります。

だから、当院は運動療法に積極的なんです。

と言う話です。

しっかり透析して、食事もきちんと食べて、身体を動かして、それが援腎会の目指す方向なんです。

あさか野泌尿器透析クリニック透析棟建築進捗情報

2016年08月20日

昨日はあさか野泌尿器透析クリニック透析棟建築行程会議に参加してきました。
現場では、コンクリート打設が終了し、屋根が出来ていました。

2016-08-19 14.56.59.jpg

2階部分です。

こちらは、スタッフ休憩室とスタッフ更衣室になります。

これまでも大雪の時や震災時にはスタッフがクリニックに泊まったこともありましたので、シャワーを浴びれるユニットバスも設置してあります。

2016-08-19 14.56.51.jpg

1階透析室の屋根部分です。

スタッフ以外の方はあまり見る事はないかと思います。

2016-08-19 14.59.03.jpg

そして1階部分です。

援腎会も透析室はすずきクリニック、個室透析センターに引き続き3棟目になります。

すずきクリニック透析室は天井が高めの空間になっており、個室センタ−は個室感を出す為に天井の高さは普通の高さになっています。

今回は、空調に考慮した天井の高さになっております。

長い透析時間中の暑さ・寒さの調節はなかなか大変です。

その点も考慮した建築になっております。

これから床暖房の設置及び壁の設置が行われます。

来月中には建物らしくなるのではないかと思います。

透析には透析室以外に透析装置を設置する機械室も必要です。

我々のこれまで蓄積してきたノウハウを生かした透析棟になるのではないかと思います。

運営は来年年明けからを予定しています。

内覧会も行いますので、是非とも見学に来て欲しいです。

本日行程会議

2016年08月05日

本日、あさか野泌尿器透析クリニック透析棟建築行程会議が12時からありました。

午後予定があり、早い時間から開催させて頂きました。

2016-08-05 11.57.40.jpg

建築現場では建設中の看板も設置されていました。

何が出来るのだろうかと思っていた方もいらっしゃったかと思いましたので一安心。

2016-08-05 11.59.18.jpg

工事の方は、屋根の設置は明日行うとのことで、先週と比べ見た目でははっきりとした違いは無いのですが、順調に進んでいるとのことです。

来週はお盆の為に行程会議はお休みです。

次回は2週間後になりますので、その時が楽しみです。

カテゴリー

新着エントリー

ブログの購読

RSSを登録する

ページトップへ